カピカピの乾燥肌でも化粧水で生き返る~潤いUP通信~

婦人

きれいに治そう

ソープ

肌質や生活習慣の乱れなどからにきびがよくできるという方は、にきび専用の薬用石鹸を試してみてはいかがでしょうか。洗顔フォームとは違って、肌がつっぱることもなく、刺激の強い成分も配合されていないので安心して使えます。しかし、肌に合わなかった時は使用をやめて皮膚科に相談するようにしましょう。

肌質にあったスキンケア

スキンケア

肌質にあった商品選び

肌質は一人ひとり異なるものです。かさかさと潤いが不足しがちな乾燥肌の人もいれば、皮脂の分泌が多くべたつきが気になる人もいます。そのためスキンケアは一人ひとり自分に合った方法でおこなう必要があります。化粧水や保湿液などの肌の基礎を整える商品だけでもとても多くの商品が販売されています。その中から自身の肌質にあったものを使うことで、乾燥肌に潤いを与えたりべたつきが気になる人でも心地よい使用感得ることができます。人気の商品だからと言って選ぶのではなく、タイプ別の商品選びがおすすめです。「潤い」「さっぱり」などの表記がある商品をピックアップし、肌が弱い人は成分中に含まれる添加剤にも注意しながら選ぶことが大切です。

添加剤フリーの利点

乾燥肌の人は、肌のバリア機能が低い場合もあります。少しの刺激でも反応してかゆみを引き起こしてしまったり、温度の変化にも過敏になりがちです。そのため、化粧水・保湿液・化粧品などが刺激となり肌荒れを招いてしまう人も少なくありません。成分表示には商品に含まれているさまざまな成分が記されています。その中で刺激となり得るものが添加剤です。化粧水などに含まれる防腐剤や香料などの添加剤は、商品の成分維持や使用感に大きな役割を果たしています。一方で肌の弱い人には肌にストレスを与えてしまう場合もあるのです。そのため、乾燥肌や肌の弱い人は、添加剤フリーの商品が人気です。化粧水はスキンケアで一番先に肌に触れるものであるため、自身に合ったものを選ぶことが大切です。

美白効果を高める方法

化粧水

美白化粧品を選ぶ際は美白成分であるビタミン、そしてその吸収を助ける効果のあるビタミンc誘導体成分をチェックしていく必要があります。より成分内容が優れている商品、口コミ評価の高い商品を選ぶことで商品選びでの失敗を防ぐことができるのです。

新しいビタミンC誘導体

女性

apps化粧水は親油性を持つことにより、これまでのビタミンC誘導体化粧水と比べて飛躍的な浸透性を持っています。美白だけでなくコラーゲンを守って生成を促進するという力も併せ持つ、肌の若返りにはぴったりの化粧水です。